プロフィール

ipo55

Author:ipo55
・郵政株からIPO投資を始めた無職投資家です。新しい仕事を始める気力がなくなってしまったので、生活資金と老後資金を投資でゲットすることにしました(51歳~)。目標資産額=1億5千万円以上!
・経歴
大学卒⇒1部上場会社入社⇒47歳でリストラ早期退職⇒中小企業2社に再就職も1~2年で退社⇒51歳~無職・投資家・ダメ人間になる
・資産など
家族:嫁1人(専業主婦22年)、子供なし
住居:築10年の戸建
資産:現金1億円ぐらい、自宅、嫁の実家(空家)
・趣味
投資、節約、掃除、草取、日曜大工


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


みんなの関連ブログ


DATE: CATEGORY:早期リタイアに必要なもの
PAK_MINKA0I9A1385_TP_V.jpg
早期リタイア生活では、資産の取り崩し生活になるので、維持費の安い持家が良いと思います。
維持費の安い持家は、ずばり、郊外の中古戸建、平屋ではないかと考えています。
嫁さんの実家(現在空家)が、その中古戸建に該当します。
維持費は、たったの33300円/年です。修繕費用は、自分で修繕することを想定しているので、考えていません。DIYで家を修繕することは、私の趣味なので、節約ということだけでなく、「生きがい」になっています。
郊外ですが、スーパー、ショッピングモール、コンビニなどが近くにあるので、まったく、不便を感じません。平屋なので、すべての生活が1つのフロアーで出来るので、とても便利です。現在、別荘として使用していますが、将来、住んでも良いとも考えています。
 今、住んでいる家は、私が43歳の時に購入したものですが、築浅10年なので、その分、固定資産税が高く、高額の維持費108400円/年がかかります。
 現在、運用している東京の中古ワンルームマションは、固定資産税の他、管理費と修繕積立金がかかります。その維持費は、176140円/年と最も高額になっています。専有面積は、たったの17m2です。東京に行く機会が多い人、東京に職場がある人にとって、便利な場所ですが、すでに、リタイアしてる私にとって、この点、まったく、利点になりません。という事で、リタイア生活に適した持家としては、たったの33300円/年の維持費で、住み続けることができる郊外の中古戸建、平屋が良いのではないでしょうか?

●私の嫁さんの実家(郊外の中古戸建)
築48年の戸建、平屋、土地149m2、建物67m2
固定資産税33300円=維持費33300円/年
●現在住んでいる家(郊外の築浅戸建)
築10年の戸建、2階建、土地108m2、建物98m2
固定資産税108400円=維持費108400円/年
●東京の中古ワンルームマンション
築25年、専有面積17m2
固定資産税30100円+管理費と修繕積立金146040円=維持費176140円/年
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 郵政株からIPO投資ー始めました! all rights reserved.Powered by FC2ブログ